パーマ剤、ヘアカラー剤などの化学薬品による慢性乾燥肌から頭皮を守る!

家庭菜園をイメージして頂ければ分かりやすいと思いますが、除草剤を撒いた後、直ぐに種を撒いたりしませんよね!

それは除草剤が大変危険な化学薬品で、除草剤を撒いてから日数をおいて化学薬品が完全に分解され安全な土壌にもどってから種を撒きます。

頭皮も一緒です。毛染めやパーマをすると、頭皮に化学薬品が残っています。それをほっておくと1カ月間頭皮は炎症をし続けます。

炎症の原因には刺激性接触皮膚炎(アルカリ剤、過酸化水素など)と、アレルギー性接触皮膚炎(ジアミンなど)に分類されます。

その炎症している頭皮の上に、更に化学薬品でできたシャンプー剤やトリートメント剤が残留するとより一層炎症を長引かせてしまうのです。

だから頭皮保護メニューが大切になってきます。

 

【頭皮保護メニューの手順と使用薬剤】

1、 頭皮の保護剤をまんべんなく塗布します。

2、 各施術に入ります。

3、カラー剤に炎症緩和剤を混合します。パーマ剤は不可。

4、施術途中にかゆみが出た場合は炎症緩和剤を頭皮に直接吹きかけます。

5、薬品除去剤で化学薬品を除去します。

6、お流し

7、薬品除去剤とシャンプーの混合液でシャンプーします。

8、お流し

9、頭皮に優しいトリートメント剤を塗布

10、お流し

11、タオルドライ

12、最後に炎症緩和剤を再度塗布し、頭皮の炎症を最小限に抑えて帰宅して頂きます。

 

【薬剤名】

保護剤   → ドリーミングオイル

炎症緩和剤 → ハートフルエッセンス

除去剤   → リラックスウォッシャー

上記の3点をサンプルをご用意させて頂きます。

サンプル依頼

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

必須
必須
必須
必須

(例:000-0000)

必須

(例:千代田区大手町1-1-1)

必須

(例:03-0000-0000)

必須

(例:03-0000-0000)

テキストを入力してください

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

送信先アドレス:fukuda0812@s.zaq.jp

代表プロフィール

サイト運営代表者 福田伸一
  • ハンドルネーム
  • 薄毛の窓口®
資格など

 

【メンタルケア協会認定】

  • 心理スペシャリスト基礎課程 
  • 心理スペシャリスト実践課程

【JBM認定】

  • 心理カウンセラー初級
  • 心理カウンセラー上級
  • 心理カウンセラープロ
  • 心理カウンセラー1級

【日本能力開発推進協会】

ポジティブ心理学実践インストラクター

【代表福田が毛髪化学を学んできたメーカー経歴】

  • 資生堂

  • アリミノ

  • サイオス

  • アイコウル

  • パイモア

  • モアコスメティックス

  • マニックパニック

  • 日本フラスコ

  • R・JPN

  • フラックス

【公的職業訓練校】

  • 職業人講話専属講師

【業務提携】   

  • 鍋形成美容外科

  • 某発毛クリニック

  • カウンセリングルーム名草

  • オレンジリボン運動

【心優しい美容師さんの独り言】
シャンプーとは
嫌な思い出を
流してあげる事
カットとは
引きずっている過去を
切り落としてげる事
セットとは
心を整えてあげると言う事
天使の仕事に
いつも誇りを!