脱毛症で1番多い症状は?

9種類の脱毛症の中で一番多いと言われるのが「びまん性脱毛症」です。

当サイトは「びまん性脱毛症」なら、薬を使わずに改善させるお手伝いができます。

この「びまん性脱毛症」の原因は、大きく分けると内的原因と外的原因の2つに分かれます。

《内的原因》 《外的原因》

・ダイエットなどによる栄養バランスの乱れ

・ストレスなどによるホルモンバランスの乱れ

※低体温による血行不良

・パーマ液&ヘアカラー剤などの化学薬品による低温火傷

・ヘアケア剤に含まれる化学薬品で皮膚バリアの破壊

※積み重なった化学薬品による慢性的乾燥頭皮

《対応策》 《対応策》

★生活習慣を変える

クリック

 

★弊社オリジナル育毛サプリメントを服用する。

クリック

 

★パーマ液&ヘアカラー剤などの化学薬品から頭皮を保護する。

         クリック

 

★病院でも使用されている頭皮に優しい薬用ヘアケア剤を使用する。

クリック

 

 

◆まずは、内的原因の方が大きいのか、外的原因の方が大きいのかを、カウンセリングし、そこを見極めてから処置と処方をしていきます。

※今までのびまん性脱毛症は内的原因を改善する内服薬(ヘアシード)だけに頼ってきてましたが、太い毛が生えてこない事がありました。その理由は外部からの化学薬品など(外的原因)で頭皮が炎症していたからです。

化学薬品とは、ヘアカラー剤、パーマ液、シャンプー剤、トリートメント剤などあらゆるヘアケア剤に含まれています。特にヘアカラー剤などは施術後2カ月間は頭皮を炎症し続けます。(テレビニュースにもなっていました。興味のある方⇒クリック)

炎症した頭皮

上記の画像を御覧の通り、炎症した状態で、内服薬(ヘアシード)を飲んでも効果が半減します。

だからこそ、化学薬品(外的原因)を薬用ヘアケアで取り除く事も必要なのです。

※化学薬品(外的原因)を集中的に取り除く頭皮のお掃除(集中デトックス)と言うメニューもありますので、各サロンにてお尋ねください。

代表プロフィール

サイト運営代表者 福田伸一
  • ハンドルネーム
  • 薄毛の窓口®
資格など

 

【メンタルケア協会認定】

  • 心理スペシャリスト基礎課程 
  • 心理スペシャリスト実践課程

【JBM認定】

  • 心理カウンセラー初級
  • 心理カウンセラー上級
  • 心理カウンセラープロ
  • 心理カウンセラー1級

【日本能力開発推進協会】

ポジティブ心理学実践インストラクター

【代表福田が毛髪化学を学んできたメーカー経歴】

  • 資生堂

  • アリミノ

  • サイオス

  • アイコウル

  • パイモア

  • モアコスメティックス

  • マニックパニック

  • 日本フラスコ

  • R・JPN

  • フラックス

【公的職業訓練校】

  • 職業人講話専属講師

【業務提携】   

  • 鍋形成美容外科

  • 東京某発毛クリニック

  • カウンセリングルーム名草

  • オレンジリボン運動

【心優しい美容師さんの独り言】
シャンプーとは
嫌な思い出を
流してあげる事
カットとは
引きずっている過去を
切り落としてげる事
セットとは
心を整えてあげると言う事
天使の仕事に
いつも誇りを!